TOP < CLOTHING < TOWAVASE

「Cafe Society」カフェ・ソサエティ。1920年代のパリを中心に集い語らった作家や画家、デザイナーとそのパトロンたちのオリエンタルなカフェで繰り広げられる気楽な上流階級の社交界。彼らの新しい時代の息吹を感じながら・・・展開されるコレクション。

Pecheur(ペルーシュ)はフランス語で漁師を意味し、ケーブルは漁師の使う網に由来した編み模様。ノルマンディ、ドーヴィルのホテルに滞在し、橋の反対の漁師町トゥルーヴィルの漁師たちからイメージを膨らませたケーブルニットカーディガン。
標高4000m〜5000mのアンデス山脈では寒暖が激しく、ここで育った羊の原毛はボリューミーで軽く柔らかいのが特徴。ペルーニットの産地であるプーノ(ペルー南部)があるのはトトラの浮き島で有名なチチカカ湖のほとりで、この地に古くから住むケチュア族、アイマラ族の編み子さんが1点1点丁寧に編み上げた一枚。
フィッシャーマンセーターの男性的な雰囲気をカーディガンに落とし込み、前後差の身頃もやお袖のポンポンの存在がとってもソフィスケイトでチャーミング。TOWAVASEならではのバランス感で、この冬の大切な相棒になってくれること間違いなしです。

こちらの商品はとてもデリケートな仕上がりになっております。引っかかりや引裂き等にはお気を付け下さい。






size : 身幅96cm/前着丈55cm/後着丈65/裄丈74
material : ウール100%
from : ペルー

no. FA-TV-286

52,000円(税込57,200円)

この商品について問い合わせる


Back to Top