TOP < CLOTHING < ÉCOLE DE CURIOSITÉS

2016 年秋、「モードとアートと文学の融合」をテーマに”好奇心の学校”を意味する ECOLE DE CURIOSITES(エコール・ド・キュリオジテ)は、パリに誕生しました。古典的で洗練された丁寧な職人技を通して創られるコレクションは独特の空気感。シーズンごとにアートをテーマに掌編小説を創作し、その物語をもとに服が作られていきます。

今シーズンのテーマ「MARIA-TERESA」と名付けられたワンピース。ベースの生地は細番手のコットンで織られ、滑らかさとコシのある質感のOxford canvas。エプロンは、ボローニャやパリのヴィンテージマーケットで見つけた1930〜40年代のビンテージリネン生地を用いて、ワンピースに縫い付けられている仕様です。
ハンドステッチによって丁寧に始末された風合い豊かなヴィンテージエプロンは、古いヨーロッパの洋服に見られる特徴的なポケット。ウエストにヘリンボーンコットンリボン。1910年代のフレンチヴィンテージのガラスボタンで前ボタン留め。小説から抜け出したような世界観の雰囲気たっぷりの一枚。ワンピース本体にもサイドにポケット付き。着用を重ねるごとに柔らかくなっていく変化も楽しみです。世界で24着だけのシリアルナンバー入りのタグが付いております。

こちらはとてもデリケートな仕上がりになっております。引っかかりや引裂き等には十分お気を付け下さい。色節やネップについては天然素材の特性です。





size : S(着丈116/身幅67/裄丈76僉
material : コットン100%
エプロン部分 リネン100%
from : フランス

no. FA22-EDC-057

170,000円(税込187,000円)

この商品について問い合わせる


Back to Top